緑内障とは?

緑内障とは、目に入ってきた光の情報を脳に伝える視神経が障害を受けることで起こる目の病気です。

症状としては視野欠損してきます。
自覚症状が現れにくいため、早期発見が困難で、治療も難しく、失明することも少なくない、怖い目の病気です。

緑内障治療を受けた人は、1987年には14.4万人、1999年には40.9万人、2002年には55万人と、年々増える一方で、治療を受けていない人を含めた潜在的な患者数は現在200万人とも300万人とも言われています。

緑内障は日本人の中途失明原因の上位で、毎年約2000人もの方が緑内障で視力を失っています。








×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。